お問合せ・疑問にお答えします

御朱印はいただけますか?

専修寺では御朱印はおこなっておりません
近年、お寺や神社に参拝した証、記念として御朱印を集めている方が多いですね
お寺へ足を運んで下さったというご縁はたいへん嬉しいものです
「仏教の教えに触れ、教えを何度も聞いて、心の拠り所として必要があれば何度でも足を運んでいただきたい。何度もお寺を訪れて仏教の教えに出遭ってほしい」
との願いがありおこなっておりません

真宗大谷派のお焼香のやり方は

真宗大谷派のお焼香作法
1.先ずご本尊を仰ぎみます(合掌はしません)
2.お香をつまんで香炉に入れます・・2回(香を額にはおしいただきません)
3.合掌し念仏を称えます
4.合掌を解き、頭礼(一礼)します

朝夕のお勤めはお教をとなえるのですか?

おつとめ(勤行)では「正信偈(しょうしんげ)」を唱えます
「正信偈」とは、親鸞聖人が書いた教行信証の末尾に書かれている偈文(げもん)で、浄土真宗の教えの要点がまとめられいます
偈文とは、韻文(いんぶん)の形を持つ、詩歌・詩句のことで、韻文とは一定の文字のリズムや音のリズムがある文章のことです。日本だと、7・5の文字数の俳句や和歌がそれにあたります
お教は経文(きょうもん)で、仏教の経典のことです

お香典の表書きはご霊前?ご仏前?

表書きは「御仏前」または「御香典」と書きます
浄土真宗では亡くなってすぐに極楽浄土へ行って仏様になると考えるためです
他の宗派では、亡くなった人は四十九日の法要を過ぎて仏様になるという考えなので、葬儀の際に渡す香典の表書きは「御霊前」と書きます

檀家さんや門徒さんじゃないと、お寺での法要や活動に、お参りや参加できないの?

どなたでも法要にお参りできます、活動にも参加していただけます
専修寺でおこなう法要行事の春秋彼岸会法要や盂蘭盆会法要など、どの法要行事にも「檀家さん、門徒さん以外の方どなたでもお参り、ご参拝していただけます」小さなお子さんを連れてのお参りもできますのでお気軽にお参り下さい
園芸部やフラダンス教室などの活動にもどなたでも参加していただけます。現在も、他寺の檀家さんや門徒さん以外の方々が活動に参加されています
法要行事や活動の際に、勧誘や販売などをおこなうことはありませんのでご安心ください