御命日の集いが開かれました 令和3年6月25日

正信偈でのお勤め、焼香で御命日の集いが始まり、全員で聖句を唱和しました
お勤め後のご法話は当院住職 巖城孝明師が
「自力」そんな力はありえない、共(つながり)から力をもらっているのだから
を法話テーマにお話ししてくださいました

仏教のおしえに自利利他円満という言葉があります。 自利とは自分の利益(りやく)のこと利他とは他人の利益のことで、「皆が幸せにならなければ、私も幸せにはならない」という仏さまのお心(仏の本願力)についてお話をして下さりました

ご法話終了後には、真宗入門講座を全日程受講された3名の方に修了書が住職より手渡されました